会社を成長させる「PDCAサイクル」とは

コンサルタントの世界では基本的なことですが「PDCAサイクル」とは、経営マネジメント手法の一つです。
Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Act(改善)の頭文字を取って、こう呼ばれています。
では、一つずつ詳しく見て行きましょう。
まず、「Plan(計画)」について。
これは、事業に関連するすべての活動が対象となります。
適切な計画を作るには、売上や期日などを具体的な形にする必要があります。
次に、「Do(実行)」について。
計画ができたら、即座にそれを実行しなければなりません。
次に、「Check(評価)」について。
これは、このサイクルの中で最も重要なポイントといえます。
評価が正確に行われなければ、計画と実行について間違っている所を見付けられないからです。
正確な評価を行うには、数字や経験に加えて、客観的な視点から見ることも大事になってきます。
最後に、「Act(改善)」について。
これも、評価と同じく重要なポイントです。
正確に評価して間違った所が見付かったら、正確に改善することで、計画と実行の精度を高めることができます。

Comments are closed.