1票の格差に関して

皆さんは、選挙の1票の格差についてどう思いますか。7月21日に行われた参議員選挙で選挙区間の1票の格差が「4.77倍」になりました。これは前回(昨年10月)の「5.00倍」に比べると少ないですが、昨年の最高裁(大法廷)判決は「違憲状態」と示したうえでの今回の数字となります。今回は、北海道と鳥取の差が「4.77倍」ということで無効請求が成立するかが今後見届ける必要がありそうです。

最近の投票率を見ているとわかりますが、多くても50%を超えるくらい、歴史を振り返ると最高値は、70%近くということを考えてみると、明らかに選挙に行く人が減ってきている事が分かります。

政治に興味がないのではなく、誰に投票しても結果が同じという感覚が強いといわれていますが、今の社会を見るとそう思っても仕方がないと思います。しかし、国民に与えられた権利の一つですので、次回の投票の際には、是非選挙に参加してみてはどうでしょうか。

今回は、1票の格差と選挙投票率について簡単なお話をしました。

遺産に借金があったら相談しましょう。

Comments are closed.