狩猟による6次産業の動きについて

現在、日本では野生動物が街に降り、建物や人に被害を与える問題が多発しています。その為、現在狩猟やハンターなどの育成に力を入れる動きが出ています。狩猟・ハンターは過去にブームを起こしたことがありますが、猟銃という危険物を取扱い、また乱獲や一種の生態系が減っていく問題から動物保護団体による対立もあり、ハンターの高齢化が進み、衰退している状態になっています。

しかし、肉食動物やハンターの数が減ったことにより、草食動物の数が増え、現在穀物の被害で年に200億円、そして貴重な草木が過剰に摂取されるなど自然界のバランスが崩れてかけてきています。

動物保護団体からも調和を整える為、ハンターの存在欠かせないと認識しており、環境省もハンター育成に関するイベントを開く事をしています。

ここでの課題はハンターを存続して育成出来る環境を整える為、狩猟をビジネスとして役立てる取り組みが行われています。具体的にはハンターが狩りをし、獲物を捕らえる1次産業、その動物を加工する2次産業、そしてそれを販売する3次産業が合わさった6次産業の成立を目指しています。故にハンター発足の為に、今後狩猟による流通関連のビジネスが発展していく可能性があります。

 

Comments are closed.